2010年11月29日月曜日

あなたはあの時若かった・・・・・思い出横丁


たんぽぽでは、廊下に「思い出横丁」をつくり、利用者さんが若かった時の写真を展示しています。
「この人、誰、あらー若かったごだー、誰だど思ったらアンダだったノー、おしょすいごだー、嫁ごに来た時の写真ダッチゃー」と笑いが溢れます。
職員が、利用者さんを人格を持った尊敬できる人だ気付いてもらう為の学習の場にもなります。「この人生があって今がある、その今に私はともに生きている」そんな「思い出横丁」です。

2010年11月27日土曜日

たんぽぽ思い出9b

たんぽぽ家族会が発足しました。


たんぽぽ家族会9名の方々が集まってくれました。介護の苦労、経験談、若い頃の利用者さんの様子、介護する喜び、辛さ等たくさんのお話しがでました。おいしいお食事も食べ時間が過ぎるのも忘れて楽しみました。
次回は2月12日、なんと耕谷餅が振舞われます。家族会が、今後大きく成長し、介護に悩む方々の支えになれたらいいと思います。

隣のかおり先生が週3回ピアノ演奏に来てくれています。

里の秋、荒城の月、ふるさとなど利用者さんが思いでふけるような、しっとりとしたピアノ演奏をしてくれます。
ありがたい事です。

秋の遠足で鐘崎笹かま館、七夕館、浜やに行ってきました。







11月は16日と19日に秋の遠足に行きました。
16日は職員10名、利用者さん24名、総勢34名の珍道中でした。19日は利用者さん9名、職員3名で行きました。帰りは閑上の浜やで美味しい食事をいただきました。
皆さん、本当に心から喜んで下さいました。感謝、感謝。