2010年10月11日月曜日



毎日慌しく過ぎていきます。先月は1回しかブログを書くことが出来ませんでした。
この間のたんぽぽの特徴は、お泊りの相談が、でこにも行き場のない方々の相談が多くあった事です。介護者が病気になり短期入所もいっぱいでどうしようというないようです。ケアマネをしていて、私も経験がありますが急なアクシデントは起こるものです。そんな時に力になってあげられるのも、お泊り施設を創ったからと思っています。
金子みすヾの詩を紹介します。
星とたんぽぽ
あおい空のそこふかく、
海のこいしのそのように、
夜がくるまて゜しずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。
 見えぬけれどもあるんだよ。
 見えぬものでもあるんだよ。
ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきに、だァまって、
春のくるまてかくれてる。
つよいその根はめにみえぬ。
 見えぬけれどもあるんだよ。
 見えぬものでもあるんだよ。
デイサービスたんぽぽも8月にお泊りの施設を創りました。
徐々にケアマネさんからの問い合わせも増えてきています。
たんぽぽとして常に前向きに、改善する事は改善し、
職員が誇りを持って働けるように、まだ見えないものを作り上げていきたいと思っています。