2009年6月28日日曜日

亘理町の鳥の海までドライブ

27日(土)は気温が34度まで上がった真夏日でした。
ではと、鳥の海までドライブに行ってきました。
足湯は最高だけれどお湯も暑い。
でも、皆で食べるアイスは最高。「うめなあみんなと喰う、キャンデイは」と大変喜ばれました。また行くからね。

2009年6月23日火曜日

2009年6月20日土曜日

塩沼亮潤 さんの講演を聴いてきました。 毎日が修行・・・

 宮城県トラック協会名取岩沼支部の総会で、塩沼住職のお話を聴く機会がありました。
秋保に荒行を体験したすごい和尚さんがいるとは知っていました。岩沼支部の菅原さんから講演がある事を教えて頂き竹駒参集殿に行って来ました。
 往復48キロの山道を一人で歩き、もし倒れたら死を覚悟して短刀を懐にしまい4ヶ月間続けこと9年。
 常に死と向かい合わせの修行の末に開いて悟りは、「私達の人生はすべて修行」という事。
自分の今を見つめさせていただいた貴重な講演でした。 (桜)

2009年6月17日水曜日

介護保険の認定審査おかしい。審査委員は怒っている。

私は、岩沼市の介護認定審査会委員をしています。
この4月に認定調査項目の内容が変更になりました。ケアマネージャーやマスコミも今回の認定結果は前回よりも厳しく要介護度が殆どの人が下がるという結果を報告しました。
すると政府は、認定を受けた方たちに、前回の認定結果に戻っても良いと通達を出したのです。
その結果、今回要介護1の方が、前回の認定で要介護5だった場合、元に戻すことを希望すれば要介護5となります。認定審査では約30名の方々を審査します。会議には、調査用紙、主治医の意見書を30数人分読み、自分の考えをまとめて参加します。それに要する時間は2-3時間かかります。つまり、それは時間の浪費になってしまいました。
小手先の状況を変更するのではなく、認定調査そのものを変更すべきと思います。
全国の認定審査委員は怒っています。
何とかしなくてはなりません。

2009年6月13日土曜日

タンブリングタワーは集中力アップに最高です。

同じ大きさの木を積みあげて、それを落とさないように一つづつ取って行くゲームです。上から取る事はせず、難しい場所を選んで取る方が殆どです。慎重にそのことに、集中して一人ひとりとっていきます。崩れたら負けのゲームですが、スタッフが驚くほど、皆さん上手です。これも、集中力をつける脳トレです。

2009年6月12日金曜日

僕らはみんな生きている、生きているから笑うんだ・・。

 送迎の車から降りて、たんぽぽ到着し、まずはお茶やコーヒーで一息つき、全身状態のチェックをします。
 そして、1日の始まりは大声で唄います。「手のひらを太陽に」を唄います。僕らはみんな生きている、生きているから笑うんだ・・・。
 Kさんは、この歌が気に入っていて、「いい歌だなあーーー」と全員での合唱が終わっても唄い続けています。何度も何度も、 いい歌だなあ・・を繰り返しながら。
 朝の始まりは元気良く、身体を目覚めさすように大声で歌いましょう。

2009年6月11日木曜日

集中力アップ!計算問題

もうしばらく計算問題をすてねのに、たんぽぽ の職員さんから、紙と鉛筆を渡されたのっしゃ。なんだべ、こんな簡単な問題と思ってやってみたら、この頃使ってねえ、頭だがらっしゃ、少しは難しかったのね。全部終わるまで少しは時間かがったけど、小学校の授業みたいでなんとなく、すっきりした感じだったのよね。これも、いいもんだがもね。後は、職員さんに採点してもらったのっしゃ。これって、今流行の、脳トレって、いうんだどっしゃ。

2009年6月7日日曜日

ニーハオそしてサンチェン

  たんぽぽの近くのアパートで中国人女性8人が暮らしています。
近くの工場で弁当作りをしています。研修という名目では1年間しか日本に住めないそうで6月9日に中国に帰ります。
 仕事の行き帰りや、散歩の時にいつも、笑顔で挨拶を交わしてくれていました。もうすぐ帰るとのこと。お茶に誘い、手作りのぜんざいをごちそうし、おみやげに こけし をあげました。
 日本に来て、一番美味しかったのは、コロッケ、びっくりしたのは家に何台も車がある事。日本が大好きで、もっといたかったと言います。中には4歳の子供を中国においてきた女性もいました。1年間働いた賃金で家が一軒建つそうです。皆さん山東省の出身です。
 日本での一つの思い出にデイサービスたんぽぽが皆さんの心にありますように・・・サンチェン。

 

2009年6月4日木曜日

香奈ちゃん、誕生日おめでとう。そしてありがとう。

6月4日、香奈ちゃんの誕生日を利用者さんたちと皆で祝いました。
去年、スタッフが足らなくなる事態に遭遇した時の事を思い出しました。誰か働いてくれる人がいないかと、あなたに相談した時、「ずっと、ここで働きたいと思っていました。」と言ってくれましたね。涙が出るほど嬉しかった。あれから、1年3ヶ月。あなたは、たんぽぽの相談員として、皆の中心として、頑張ってくれています。
心からありがとうを言います。時には口論したりしているけれど、本当に心から感謝しているんですよ。ありがとう。(桜)

若者よ、大志をいだけ!

医療福祉専門学校に、講義に行ってきました。テーマは在宅ターミナル、在宅看護の基礎知識でした。
女の子達は元気者が多かったのですが、男子は声に元気が無く、おとなしい子達でした。
将来、福祉業界を引っ張っていく、若者達よ、元気を出せ、おもしろくなくても、笑え。
この業界は元気印の人間が必要だ!とにかく、笑って過ごせ、感性を磨きなさいと言いたい。(桜)

2009年6月2日火曜日

ももさん、ありがとう。

モモさんは池坊の師範の上のトップの免状をもつ華道の先生です。
たんぽぽが誕生した時からの応援団です。
いつも、たんぽぽの事を心配してくださっています。
そして、励ましてくださいます。
90歳を過ぎたとは思えない前向きの生き方。
ももさんのおかげで、いつも、たんぽぽはお花がたえません。
ありがとう、ももさん。

歌姫  よっちゃん

たんぽぽには、名物おねいさん(年齢不詳)がいます。おいしい昼食を作ってくれている、よっちゃんです。
なんと彼女はカラオケ教室の先生でもあります。歌の上手さもさることながら、皆を笑わしたり、世間話を面白おかしく話してくれるのっしゃ。今日も、結婚式の祝辞での失敗談やらおかすな事、さんざ、聞かせてけたのっしゃ。皆、笑った、笑った・・・。また、たのむから。

2009年6月1日月曜日

たんぽぽボーリング大会


たんぽぽの職員、文ちゃんがボーリングのセットを作ってきてくれました。ペットボトルに鈴を付けてボールを投げるたびに鈴の音が聞こえて、大変に盛り上がりました。
仕事が休みの日もたんぽぽの利用者さんの事を考えて、レクセットを作ってくれる文ちゃん。本当にありがとう。